MATAL ART FACTORY COCOON

工房COCOON(コクーン繭)

RING

工房COCOON(コクーン繭)

UZU~小春日和~

小野寺さんは秋田公立美術工芸短期大学、工芸美術学科に入学後、工芸素材の色々なコースを体験する中で、とても金属に興味を持ったそうです。彫金と呼ばれる金属の工芸技術に興味を持ち、卒業後は加工技術として優れた伝統工芸を学ぶため金沢卯辰山工芸工房の技術研修生の募集に応募し、研修生として受け入れてもらいました。

「加賀象嵌は象嵌の一種で、主に金属に施す象嵌として17世紀に京都から金沢に伝えられたものです。 私の学んだ金沢卯辰山工芸工房は、1989年に金沢の優れた伝統工芸の継承発展のために設立された文化振興施設です。ここでは主に加賀象嵌や鍛金の技術を修行すること2年、さらに1年間学び、合計3年学びました」

2001年には第57回金沢市工芸展で「宗桂会賞」を受賞。2002年花巻市美術選奨受賞など多くの作品展にも出展しています。

「私は伝統工芸を学んだ上で、自分のオリジナルな作品作りのため、2005年に地元花巻に戻り、自宅件工房COCOON(コクーン 繭)を開設しました」

見せていただいた小野寺さんの作品は、金属の冷たさを感じさせない風合いからは、金属とは想像できないほどの柔らかさを感じさせ、金属素材のイメージが一新される作品で、見る者を喜ばせてくれるものです。

工房では金属素材を使いクラフトやジュエリーも制作しています。

「今でも初心は変わらず、展示会では自分の作りたい作品を発表しています。またお客様のご要望により、オーダーメイドのリングや、世界にたった一組しか無いマリッジリングなど、金属に関連のある様々な作品も作っています」

工房は金属工芸を学んでみたい人や、本格的に金属加工を楽しみたい人のための教室も開いています。

MATAL ART FACTORY COCOON
〒025-0006 岩手県花巻市松園町425-1
cocoon-0930@ezweb.ne.jp


より大きな地図で 阿都麻焼(あずまやき)悠工房 を表示