阿都麻焼(あずまやき)悠工房

阿都麻焼(あずまやき)悠工房

日常使いの器でありながら
女性が描かれているのが特徴

阿都麻焼(あずまやき)悠工房

ほのかな明かりが見る人の心を和ませる

南洞史朗さんは高校卒業後に東京の工芸専門学校で技術を習い、卒業後は絵柄の美しさで知られる石川県の九谷焼へ。オブジェから雑器まで幅広く作っている窯元で5年間修行しました。昭和58に故郷衣川に戻り窯を開きました。

「源平盛衰記の中に登場する袈裟御前と呼ばれる美しい女性で幼名が阿都麻。衣川にゆかりがあり、阿都麻(あずま)という響きにひかれ、私の焼き物を阿都麻焼としました」と語る南洞さん。作品には、日常使いの器でありながら、女性が描かれているのが特徴。繊細でありながら力強さを感じる線で描かれた、女性の絵付けはまさに阿都麻を彷彿とさせるものです。

日常使われる器とは違う作品も見せていただきました。ほのかな明かりが見る人の心を和ませる夢明かり。また、作品の中には依頼を受けて作るものもあります。平泉中尊寺の藤原氏の宴で毎夜使われたカワラケ。「カワラケは素焼きで焼く温度が低く、上薬を使わないため水がしみこみます。使う前に2時間ほど水に浸し、器に水分が飽和した状態で使う物です」と作品によって焼く温度や粘土の違いなども教えていただきました。

普段は、ここ衣川の工房で作品を作っていますが、時々は展示会にも出かけます。世嬉の一酒造「黄金の国陶芸展」や宮城県村田町「陶器市」には1年に一度は出かけ、仲間達とのふれあいも楽しみながら、ゆっくりと作品作りを行っています。阿都麻焼(あずまやき) 悠工房は国民宿舎衣川荘の直ぐ近くにあります。こちらにおいでの際はお気軽にお立ち寄りください。

阿都麻焼(あずまやき)悠工房
〒029-4427 岩手県奥州市衣川区陣場下
TEL 0197-52-3121



より大きな地図で 阿都麻焼(あずまやき)悠工房 を表示