工房 Carpentry 優遊結(ゆうざん)

優遊結(ゆうざん)

唐辛子のマスコット(木彫)
ホオノキ/色うるし塗り

優遊結(ゆうざん)

葉っぱの小皿(木彫)
ホオノキ・ケヤキ/カシュー塗り

優遊結(ゆうざん)の千葉さんは小学生時代に見た岩谷堂箪笥に魅せられ、中学卒業と共に木工の道に進もうと考えていたそうです。周囲から「せめて高校ぐらいは出といたら」といわれ、気がついてみると大学生に。卒業と共に一旦は家具の製作会社を就職先に選びましたが、木工への思いは捨てがたく、離職したのを機会に木工作家の道へ。

木工の仕事をするにあたり、特に師匠を持たず独学で技術を身につけました。木に関する事で判らなければ、その都度木工の専門家を訪ね、教えを請いました。漆塗りは宮古市にある漆芸美術館へ1年ほど習い、現在の工房を開いたそうです。木の素材が生きるものはないかと考え、木の木目を生かした時計を思いつきました。素材の木を選び、丹念に磨き、そして切り抜き、漆を塗り、シンボルの唐辛子をあしらい、最後に時計の仕掛けを施して完成させます。一つの作品が出来るまで、かなりの時間と材料費がかかります。かといって売値を高くするわけにはいかないので価格を抑えて販売。作品は思いの他売れましたが、製作する労力は値段以上でした。

木工作家が作る手作りの作品は、すごく手間がかかるものですが、購入する人と作る人との隔たりを感じて悶々とした日々を送っていました。そんな時に出会ったのが木彫りです。千葉さんは体験工房を開いたいきさつを語ってくれました。「岩手県内にも色々なサークルで多くの人が関っており、やってみたい人はさらに大勢います。自分で作ってみれば楽しさや物作りの難しさもわかってもらえるし、木工の大変さや木工家の作品の素晴らしさがわかってもらえるのかなとも考え、これを私の工房でやっていこうと考えました」

木彫りは、デザイン・材料加工・木彫り・塗り上げの工程があります。参加者に女性が多いため、デザインや木彫り作業に問題はないのですが、材料の加工に苦労したようです。木には色々な種類や材質の違いがあるため、それを知るため工房ではすべての工程を体験することにしました。

「木の選び方や加工は、私が独学で勉強したころ、多くの木工に携わる人との出会いから学びました。女性では難しい材料選びや危険な材料加工といった部分を含む全行程を提案していきたいと考えています。それがひいては木工の専門家のすごさを理解してもらえるのではないかと考えています」

優遊結(ゆうざん)は、デザインから材料加工・木彫り・塗り上げの工程まで全てをおこなう数少ない工房です。作家の木にかける情熱を感じてきました。

Carpentry 優遊結(ゆうざん)
〒020-0127 岩手県盛岡市前九年3丁目27-50



より大きな地図で 阿都麻焼(あずまやき)悠工房 を表示