木口木版 菅原

林風舎

銀河鉄道の夜・四次元

林風舎

マグのリアの木
(宮沢賢治、マグノリアの木より)

菅原はじめさんが当初目指したのは、グラフィックデザイナーです。専門学校を通じてパリに進学、帰国後はデザイナーとして就職しようとしますが、クライアントとの表現の間に葛藤を覚え、故郷の遠野市宮守町(旧宮守村)に帰郷。

将来の道を模索していた時、花巻文化村で美術家・木版画家の井堂雅夫に出会い師事。同年、岩手県第1号のNPO法人となった花巻文化村と京都の版元「歓栄堂」の職人に木版画を学びました。その頃、秋田のギャラリーで木口木版と出会います。自らの表現方法に合った技法だと実感し以来少しずつ創作を続け、現在は花巻駅のすぐ近くにある林風舎に勤めながら、自らの作品も展示しています。

菅原さんの版画は木口木版と呼ばれ、西洋で蔵書印(EX-LIBRIS)を作るために生まれたものです。木を縦に割った版木を使用する一般的な板目木版とは異なり、木を木目と直角に輪切りにした面を使います。輪切りですから、どれ一つとっても同じ版木はありません。木の大きさや年輪のかたちも違い、とても面白いものだそうです。摺りには黒のみを使用し、白と黒のみで表現しています。

版木はサクラやツゲ材のような硬い木を使用し細かな図案を彫るため、主に銅版画に用いる道具であるビュランを使って彫ります。はじめに木の年輪や表情から構想を練り、サンダーをかけて版木の全体を磨きます。「これは私なりのやり方です。この全体を磨き上げる工程で木が私に語りかけてくるような楽しみもあります。」この作業が終わって、いよいよ版木の下書きにとりかかります。大きなイメージを下絵に描き、裏返してカーボン紙を挟み、版木にトレースします。他の細部の表現は、彫りながらイメージを広げていきます。

「輪切りにした木を使うため、あまり大きな版木が得られませんが、木それぞれの表情があり面白いですよ」と話す菅原さん。2001年岩手県芸術祭版画部門部門賞、2002年岩手県芸術祭版画部門奨励賞を受賞。今は、新たなテーマとして木口木版での曼荼羅の可能性を思案中、従来の曼荼羅とは一味違う独自の版画に想いを巡らせています。菅原さんの新たな活躍が楽しみです。一部の作品は花巻市の林風舎においでいただければご覧いただけます。また、時間があれば菅原さんとお話も出来るかもしれませんね。

菅原 アトリエ(自宅)
〒028-3171 花巻市石鳥谷町中寺林7-69-27

林風舎
〒025-0092岩手県花巻市大通り1丁目3-4



より大きな地図で 阿都麻焼(あずまやき)悠工房 を表示